佐藤峰研究室/Mine’s Lab

定常のコミュニティデザイン/ Stationary State Community Design

農のある暮らし、自分で作る

まわりを楽しむ、その壱

投稿日:4月 3, 2020 更新日:

すごく風が強い1日。朝からマックス。
桜の花もどんどんと散って行く。
資源ゴミを捨てたあと、ローズマリーをハーブティー用に摘みに行く。

足元のムスカリも流石に紫色の花塊を揺らしている。ほとんど雑草のような扱いで、あちらこちらに咲く花が、今朝はなんだか一層際立って見えた。

ムスカリと言う名前であることも、忘れていたなんて、失礼なことだと5分くらい反省してみる。

日本語での花言葉は失望や失意だけど、英語の花言葉は、usefulness、有益と、全く反対の意味。ものごとをどう見るかで、捉え方もかわる。なんだか今の状況にぴったりな気がした。

-農のある暮らし、自分で作る
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

家庭菜園ことはじめ

自分で使うもの、食べるものを自分で作り出せたら嬉しい。という思いがかなり昔から強くある。ヨガを長くやるようになり、その傾向が強まった気がする。肉や魚にはそうこだわりはないが、美味しくて安心でそんなには …

no image

健気なりんご

ゼミの学生たちと長野県下伊那にある松川町にお世話になっている。地域おこしへに関する調査と提言を2年生が1年かけて行い、報告書を書くというプログラムである。実際のところ、受け入れに関わるすべてを請け負っ …

まわりを楽しむ、その弐

週末、市内の大塚さんの畑に野菜を買いに行く。娘達とそのお友達も一緒に連れて行く。無農薬で野菜を育てて出荷している団体だ。 「こうしほう http://khoshihou.com/」と言う、国際協力にも …