佐藤峰研究室/Mine’s Lab

小確幸のコミュニティデザイン/Community Design for Wellーbeing

エッセイ

猫が来た

投稿日:

数年前からの娘たちのリクエストにペットが飼いたいというのがあった。しかし猫と犬(やミニブタやハリネズミ)で意見が割れていて、それに世話もしそうになかったので、とりあえずスルーしていた。しかし二人して猫が飼いたいと最近主張してくる。

私も哺乳類を飼ったことが一度もなかったけど、年齢的にも子猫から飼えるのは今回が最初で最後かなと思い(猫は割と長生きなので)、色々と保護猫の譲渡会に行き、11月初めからオスの3ヶ月の兄弟の子猫を2匹飼っている。最初の数日はくしゃみが止まらず(かなりのアレルギー体質なので)、甘噛みされたり少し引っ掻かれたりしたところがありえないほど腫れ上がるなど、まずいことが多々あったのだけど、一月たちようやく落ち着いてきた。

今まで、猫というのは世界中の全ての猫が一緒で、そう個性もなかったのだけれども、飼ってみて、名前をつけて、餌をやりトイレの世話をしていくと、かなり性格が違うことがわかる。そしてその性格自体も固定でもない。茶トラの方は美形で骨太で食いしん坊、主張が強く、布のネズミのおもちゃを渡すと尻尾の紐を食いちぎり、自分のベッドも食いちぎる。しかし1ヶ月経つと落ち着いてきて、高1男子が大学生になって優しくなったような雰囲気だ。白黒のハチワレの方はスリムで小型で身軽、ケージに登って降りられなくなる、ネズミのおもちゃを渡すと自分でそれを動かしてエンドレスで遊んでいるなど、かなり動きが多い。初めは本当に子猫だったけど、最近になって食欲が増し、思春期なのかややつれない。

大興奮なのは娘たちなのだが、その可愛がり方が猫に負担ではないかと少し心配なほどだ。中学生の次女は「猫って吸うものなんだね」と抱っこしてずっと鼻をくっつけて息を吸い込んでいる。高校生の長女は遠目に見ると猫を振っているように見えるあやしかたをしている。「吸う」や「振る」は明らかに動物を可愛がるモードではない。月曜日になると猫はホッとした顔でずっと眠っている(ように見える。)

ちょっと(かなり)ウンチは臭いし、朝餌をくれの鳴き声で起きるし、カーテンに登るなど色々やらかすけれど、食う出す眠る遊ぶの4モードで生きている(と思われる)シンプルな存在に、人間はそれぞれに癒されている日々だ。

-エッセイ

執筆者:

関連記事

かわらないもの

子どもが学校に行っていなかった3月上旬から6月上旬までの、自粛期間の中で、朝のヨガに加えて、天候が許す時には、朝の散歩を日課にしてみた。あまりにパソコンに座っている時間が増えたから、仕事をする以外の時 …

私という恋人

6月に娘たちの学校がようやく再開して一人の時間が増えた。そこで一番変わったことと言えば、電車に長い時間乗らなくて住むようになった分、否応無くというか、自分が何を感じているのかということを考える時間が増 …

卒業式に思う

今月、長女が中学校を、次女が小学校を卒業した。同じ市内の公立学校なのに、二つの卒業式はやや様子が違う感じだった。なんだか印象的だったので記しておきたい。 中学校の方は7クラスもあることもあり、卒業証書 …

LOST & FOUND

大学教員をやっていて常々嫌だなと思っていたのは、うちの大学や学部だけかもしれないが、顔写真とメールアドレスが選択肢なしに公開されてしまうことだ。学部や院の広報につながるから仕方ないとして、妙なダイレク …

天に還る

10月20日、アメリカ人の従姉妹が久々に我が家にやってきたその夜、野菜たっぷりのお鍋を娘たちと一緒に食べ、早めに眠ったその夜に、祖母が大阪の病院で亡くなった。その日までリハビリをしていて具合も悪くなか …