佐藤峰研究室/Mine’s Lab

小確幸のコミュニティデザイン/Community Design for Wellーbeing

エッセイ

猫が来た

投稿日:

数年前からの娘たちのリクエストにペットが飼いたいというのがあった。しかし猫と犬(やミニブタやハリネズミ)で意見が割れていて、それに世話もしそうになかったので、とりあえずスルーしていた。しかし二人して猫が飼いたいと最近主張してくる。

私も哺乳類を飼ったことが一度もなかったけど、年齢的にも子猫から飼えるのは今回が最初で最後かなと思い(猫は割と長生きなので)、色々と保護猫の譲渡会に行き、11月初めからオスの3ヶ月の兄弟の子猫を2匹飼っている。最初の数日はくしゃみが止まらず(かなりのアレルギー体質なので)、甘噛みされたり少し引っ掻かれたりしたところがありえないほど腫れ上がるなど、まずいことが多々あったのだけど、一月たちようやく落ち着いてきた。

今まで、猫というのは世界中の全ての猫が一緒で、そう個性もなかったのだけれども、飼ってみて、名前をつけて、餌をやりトイレの世話をしていくと、かなり性格が違うことがわかる。そしてその性格自体も固定でもない。茶トラの方は美形で骨太で食いしん坊、主張が強く、布のネズミのおもちゃを渡すと尻尾の紐を食いちぎり、自分のベッドも食いちぎる。しかし1ヶ月経つと落ち着いてきて、高1男子が大学生になって優しくなったような雰囲気だ。白黒のハチワレの方はスリムで小型で身軽、ケージに登って降りられなくなる、ネズミのおもちゃを渡すと自分でそれを動かしてエンドレスで遊んでいるなど、かなり動きが多い。初めは本当に子猫だったけど、最近になって食欲が増し、思春期なのかややつれない。

大興奮なのは娘たちなのだが、その可愛がり方が猫に負担ではないかと少し心配なほどだ。中学生の次女は「猫って吸うものなんだね」と抱っこしてずっと鼻をくっつけて息を吸い込んでいる。高校生の長女は遠目に見ると猫を振っているように見えるあやしかたをしている。「吸う」や「振る」は明らかに動物を可愛がるモードではない。月曜日になると猫はホッとした顔でずっと眠っている(ように見える。)

ちょっと(かなり)ウンチは臭いし、朝餌をくれの鳴き声で起きるし、カーテンに登るなど色々やらかすけれど、食う出す眠る遊ぶの4モードで生きている(と思われる)シンプルな存在に、人間はそれぞれに癒されている日々だ。

-エッセイ

執筆者:

関連記事

Back in Touch

ずっと海外に行けなくなり本当に残念なのだけれども、最近海外にいる、しかも少し連絡を取っていななった古い友人が気になったり、向こうが気にしてくれたりで、次々とやりとりが再開している。20歳の頃に知り合っ …

卒業式に思う

今月、長女が中学校を、次女が小学校を卒業した。同じ市内の公立学校なのに、二つの卒業式はやや様子が違う感じだった。なんだか印象的だったので記しておきたい。 中学校の方は7クラスもあることもあり、卒業証書 …

養花天

今年度ご卒業されるみなさん、改めてご卒業おめでとうございます。 大したことは出来ませんでしたが、授業・スタジオ・ゼミにご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました。今年は全体の卒業式はなく、 …

昨日のような今日

先日、大阪での大規模な予防接種の予約が始まったので、早速大阪の叔父に100歳の祖母がいつ受けるのかを電話で聞いてみた。すると、もう100歳だし、副反応も色々怖いので、受けないことにしたという。とてもゆ …

生きるための読書

今年を振り返ると、とにかく動きが少ない、けれどもなんだか疲れる、そうは言っても家で過ごす時間が多くなって充実もしている、なんとも評価できない一年だった。もともと、途上国暮らしが長いので、外に自由に出ら …